• 用語集

3Dバイオプリンティング(3D bioprinting)

3Dバイオプリンティング(3D bioprinting)とは:

バイオプリンターを用いて生体組織を作り出す技術。

CTスキャンなどにより対象物を撮影した後、細胞レベルで精密な層を重ねていき、対象物を複製する。プリンターの「インク」にあたる材料を、バイオインクと呼ぶ。

医療分野で皮膚や臓器の作成に活用されているが、食品業界でも組織構造を立体的に再現することで厚みのあるホールカット肉の生産が可能になると期待されており、培養肉のプリント技術の開発が進む。

イスラエルのSteakholder Foodsは2021年、世界最大サイズの3Dプリント培養ステーキを発表した。

関連用語:
バイオインク ➡︎
バイオファブリケーション ➡︎
バイオプリンター ➡︎
培養肉未来創造コンソーシアム ➡︎