• 用語集

代替コーヒー(coffee substitute)

代替コーヒー(coffee substitute)とは:

従来のコーヒー豆を焙煎して得られる製品の代替として開発されたコーヒー。豆を使わないため「ビーンレス」コーヒーとも呼ばれる。 

代替品が求められるようになった背景には、コーヒーのサプライチェーンが抱える持続可能性の問題がある。コーヒーの栽培は環境の変化に弱く、世界規模で進行する気候変動によって、コーヒー種の少なくとも60%が絶滅の危機にあるとも指摘されている(2050年問題)。 

代替コーヒーの製法として、ほかの植物由来の原料をベースにしたもの(Atomo CoffeeVoyage FoodsMinus)、コーヒーの細胞を培養したもの(STEMCalifornia CulturedPluriAgtech)がある。 

前者では、ひよこ豆、ブドウの種、チコリ、ナツメヤシの種など、香りや風味の形成に寄与し、生産における水使用量が少ない原料が用いられる。 

後者では、バイオリアクターで培養して得られるバイオマスを回収した後、乾燥して粉末状に加工する。培養の条件次第でカフェイン量を調節できることも特徴。 

そのほか、自然な遺伝的変異を誘導して気候変動に強い多年生コーヒーを開発する企業(Amatera)も存在する。 

*かっこ内は代表的なスタートアップ企業