• 用語集

ガス発酵(gas fermentation)

ガス発酵(gas fermentation)とは:

バイオマス発酵の一分野で、微生物のはたらきによりCO₂などからタンパク質を産生する、いわば「空気から食料を得る」手法。

空気中のCO₂などを栄養源とする特殊な微生物をバイオリアクター内で培養した後、乾燥させてタンパク質原料に加工する。

微生物がCO₂を取り込むことで数億トン規模のカーボンオフセットにつながると期待されており、フィンランドのSolar Foodsや、米CalystaAir Proteinなどが開発を進めている。

Fact.MRのレポートでは、世界の「空気由来」食品市場は北米と欧州を中心に成長し、2032年まで11.7%という驚異的な年平均成長率(CAGR)で拡大すると予測。

ただし、食品としては味と食感の改良が課題になる可能性があり、まずは水産養殖における飼料としての活用がメインになるとみている。

関連用語:
水素細菌 / 水素酸化細菌 ➡︎
単細胞タンパク質 / 微生物タンパク質(SCP) ➡︎
バイオマス発酵 ➡︎
メチル栄養細菌 / メチロトローフ ➡︎