The Vegetarian Butcher、植物性代替肉にThe Every Companyのアニマルフリー卵白を使用

英ユニリーバ傘下の植物性代替肉ブランドThe Vegetarian Butcherが、米国のThe EVERY Companyとの提携を発表しました。

精密発酵による卵白タンパク質原料「EVERY EggWhite」を使用して、植物性代替肉の食感と栄養プロファイルを強化する目的です。

従来の卵と同一のオボアルブミン


精密発酵により生産された「EVERY EggWhite」は、動物由来成分を一切使用することなく、従来の卵のゲル化特性や結合特性を再現した製品。

この手法では、環境負荷を大幅に低減しながら、高品質で機能性に優れたタンパク質を生産することが可能です。

EVERY EggWhiteは、生物学的に従来の卵と同一のため卵アレルギーの警告は必要なものの、生産において動物由来の原料を使用していないため、The Vegan Societyからヴィーガン認証を取得済み。

従って、これを卵白の代わりに原料として用いることで、既製品のヴィーガン対応が可能になります。

メチルセルロースの代替でクリーンラベルを実現


The Vegetarian Butcherは、主力商品であるハンバーガーパティの「つなぎ」としてEVERY EggWhiteを活用。以前から使われてきたメチルセルロースを置き換えることでクリーンラベルのヴィーガン製品を実現しながら、食感と栄養を強化する狙いです。

メチルセルロースはつなぎやゲル化剤として業界で広く使用されていますが、複雑な名称、加工の多さ、そして下剤に使われていることなどもあり、消費者から避けられる一因ともなってきました。

2022年にはBeyond Meatがメチルセルロースを使用しているにもかかわらず製品ラベルに「all-natural」と表記していたことで、消費者から訴えを起こされています。

とはいえ、無毒でアレルゲンを含まないメチルセルロースは、食品原料として理想的。加熱で固まり、冷えると溶ける熱可逆性」というユニークな特性を持ち、肉らしいジューシーな弾力のある食感をもたらす、代替が難しい原料となっていました。

The Vegetarian Butcherは、かなり以前からメチルセルロースを配合から取り除く方法を探していたようで、「EVERY EggWhiteは比較的シンプルで簡単な製品で、卵白をそのまま置き換えられることが鍵となった」としています。

より広範な市場化の可能性も追求


グローバル展開に積極的なThe Every Companyは、複数の市場における広範な用途で、この原料の活用を模索。

すでに米国でGRAS(一般に安全と認められる)ステータスを取得しており、現在はEUと英国で新規食品(Novel Food)の認可申請を行っています。

昨年10月には、コロンビア最大の食品加工コングロマリットGrupo Nutresa提携。同社の代替肉製品に使われていた卵白を置き換え、味と食感を向上させる取り組みを共同で進めることとなりました。

The Vegetarian Butcherの製品も、本社を置くオランダをはじめ、スペイン、ドイツ、英国、さらには中米のプエルトリコまで、世界中の数多くの市場で販売されています。親会社のユニリーバも同様に、複数の市場でEVERY EggWhiteの使用を検討している様子です。

参考記事:
The Vegetarian Butcher to Use The Every Company’s Animal-Free Egg Whites for Plant-Based Meat
The Vegetarian Butcher to Veganize Products With The EVERY Co.’s Animal-Free Egg Whites
Unilever brand The Vegetarian Butcher partners with ‘animal-free’ egg protein pioneer The EVERY Co

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。