• 用語集

分子農業(molecular farming)

分子農業(molecular farming)とは:

遺伝子組み換えした植物を小さな「工場」として利用し、植物体内で動物性タンパク質などを生産する手法。微生物をタンパク質生産のキャリアとする精密発酵と技術的にはやや似ているが、大規模な発酵設備を必要としない。

遺伝子工学を用いて動物のDNAを植物の種子に導入し、種子を植えた後は、伝統的な方法で作物を管理して育てる。ほかの代替プロテイン生産手法に比べて省エネルギーで済み、安価にスケールアップが可能とみられる。

その魅力的な効率性はThe Good Food Instituteも認めており、2023年にはファクトシートを発行し、分子農業が植物性食品細胞培養微生物発酵に次ぐ、代替プロテイン生産の「第4の柱」になると示唆。

豚肉タンパク質(Moolec Science)、牛ミオグロビン(IngredientWerks)、乳タンパク質(MirukuNobell Foods)、卵白タンパク質(PoLoPo)、培養肉用の成長因子(BioBetterTiamat Sciences)などの開発が進められている。

関連用語:
GFI(The Good Food Institute) ➡︎
GMOフリー ➡︎
カゼイン ➡︎
合成生物学 ➡︎
細胞農業 ➡︎
成長因子 ➡︎
精密発酵 ➡︎
乳タンパク質 ➡︎
ミオグロビン ➡︎
卵白タンパク質 ➡︎