• 用語集

オルガノイド(organoid)

オルガノイド(organoid)とは:

臓器の機能と立体構造を生体外で模倣した「ミニチュア臓器」。 

再生医療で人工臓器の作製に用いられてきたオルガノイド形成技術だが、培養肉生産への応用では、細胞が体内で自然に成長するプロセスを模し、自発的に食用に適した細胞へと分化させる。 

これにより、細胞が組織を形作る際の支持体となる足場が不要になるため、生産プロセスを簡素化でき、スケーラビリティが向上するというメリットがある。

また、高価な成長因子への依存を大幅に減らすことで、コスト効率の高い生産が可能。 

世界で初めて培養ウナギの開発に成功したイスラエルのForsea Foods、日揮HDの社内ベンチャーとして設立されたオルガノイドファームなどが技術開発を進めている。 

関連用語:
スキャフォールド / 足場 ➡︎
成長因子 ➡︎
組織工学 ➡︎
バイオファブリケーション ➡︎